出生前診断とは

出生前診断とは

「おめでた」という言葉で表されるように、子供を望む人にとって妊娠・出産は喜びに満ち溢れたものです。


しかし、必ずしも喜びだけが溢れているわけではありません。


妊娠初期に受ける出生前診断によって、子供の障害あるいは病気の一部についてわかることがあります。


しかし・・・これは誰の、何のための検査なのでしょう?

出生前診断って何?

皆さんは「出生前診断」がどんなものか知っていますか?


これは読んで字のごとく、お産に先立って胎児の健康状態を調べること。


つまり、赤ちゃんが生まれる前に染色体異常(ダウン症など)や奇形の有無を調べる検査です。


出生前に胎児の状態を知ることで、何か異常があっても産後すぐに専門家のケアが受けられます。また、心の準備が出来る・・・という点もメリットといえるでしょう。

しかし、出生前診断には“命の選別をする”という問題が隠れています。


胎児に何らかの異常があるとわかった場合、授かった命を育てていくか否かを決めなければなりません。


ただし、出生前診断によってわかる障害の種類は数少なく、生まれてからわかる障害のほうがより多い・・・というのも現実です。

また、障害があるとわかっても、適切な治療やケアによって問題なく生活できるようになるケースも多々あります。


これらのことを踏まえて出生前診断を受けるか否か、また障害があるとわかったらどうするのか・・・家族で十分によく話し合ってください。

高齢出産と出生前診断

35歳以上・・・いわゆる高齢出産になると、先天異常のリスクが増加します。


その中でも加齢が影響しやすいのは染色体異常で、これは35歳以上のリスクが少々高いといわざるを得ません。


しかし、日本では出生前診断の是非が問われ、また否定的な意見も多いことから医師による積極的な提示はほぼ皆無に等しいです。

出生前診断を受けるか否かで悩む高齢の妊婦さんは多いようですが、まずは医師に相談してみましょう。


ただし、最終的に決断するのは他の誰でもない・・・あなたです。

どんな検査なの?

広い意味で考えると、胎児の成長を観察する「超音波診断」も出生前診断の1つといえます。


しかし、ここで紹介する4つの検査はもっと狭い意味の出生前診断です。それでは、さっそく見ていきましょう。

トリプルマーカー

妊娠14〜18週頃、妊婦さんの血液を採取して染色体異常の確率を調べます。

簡単に行うことの出来る検査ですが、ここで予測できるのは主にダウン症候群と18トリソミーなどで、すべての染色体異常がわかるわけではありません。


また、これはあくまで予測確率に過ぎず、どれくらいの確率であれば安心・・・というデータもないのです。

羊水穿刺

妊娠13〜16週頃、おなかに針を刺して少量の羊水を採取し、その中の羊水細胞を培養して染色体異常がないかを調べます。

トリプルマーカーに比べてかなり正確な判断ができますが、異常の程度まではわかりません。

ただし、ごくわずか(0.3%ほど)ですが流産や感染症を引き起こす可能性も・・・。

絨毛検査

妊娠6〜8週頃、胎盤のもととなる絨毛組織を採取して染色体異常がないか検査します。

精度が高い分、子宮口から細い管を入れるので流産のリスクも高くなるとか・・・。


この検査はまだ研究段階であり、ごく限られた施設でしか受けられません。

胎児採血

臍の緒などから赤ちゃんの血液を採り、胎児貧血の有無や先天性異常を調べることができます。

羊水検査や絨毛検査で不確実な結果が得られたときに行われることが多いようです。


羊水検査に比べて安全性は劣りますが、より確実に赤ちゃんの状態がわかります。

何のための出生前診断?

生物学的に考えて、生まれてくる子のすべてが元気で何の障害もない・・・ということは有り得ません。


しかし、「自分の子は健康であって欲しい」と願う気持ちは、親としてごく自然なものだと思います。


そして、もし子供に何らかの病気や障害があると判ったら、悲しくつらい思いもするでしょう。しかし、その障害を“不幸”と決めつける必要はありません。

出生前診断を受けるか否か、これはあくまで個人の自由です。

ただし、検査を受ける前にはもう一度よく話し合ってみてください。


どうして検査を受けるのか、また万が一異常が認められた場合にはどうするのか・・・それらを考え、決断した上で検査に挑みましょう。


ちなみに、私は出生前診断を受けません。


どんな障害があったにしろ、せっかく授かった命を自らの決断にて失うことは出来ないからです。


ページの先頭へ戻る