妊娠中の注意点

妊娠中の注意点

気持ちだけは20代・・・でも、体力的な衰えは隠せません。


お産本番、体力が持つかどうか不安になっているママも多いはず。


出産また産後のためにも、妊娠中にしっかり体力をつけておきましょう。

高齢妊娠にはどんなリスクがあるの?

高齢妊娠の中でやや多く見られるのが、流産および早産です。


一般的な流産率は13%程度とされていますが、35歳以上では20%以上にもなります。


しかし、これはあくまで統計であって、高齢出産に挑む人すべてがそうであるとは限りません。

そのほか、妊娠高血圧症候群や糖尿病なども発症しやすいとか。


これは35歳以下のママと比べて、からだの変化に対する感受性が高くなるためです。また、若い人に比べて生活習慣病の予備軍が多いことも原因といえるでしょう。


いずれにしろ妊娠中は定期健診を欠かさず、体調の変化にすぐ気付くことが大切です。

妊娠中の注意点は?

高齢出産のリスクを軽減するには、まずあなた自身の努力が必要です。


一般的に高齢出産=難産とされていますが、きちんとした健康管理により比較的軽い・・・そして満足のいくお産が出来ますよ。健康管理といっても、決して難しいものではありません。いいお産になるよう、徹底した自己管理を行いましょう。

食生活

バランスのとれた食事をする・・・これは妊娠高血圧症候群などを回避するだけでなく、体重管理の役割も果たします。


また、妊娠中の食事は母乳にも大きな影響を与えます。塩分は控えめにし、青魚(秋刀魚など)を食べるようにしましょう。


カロリーの摂り過ぎにも注意が必要です。1日3食、規則正しい食生活を心がけてください。

体重管理

高齢出産に限らず、妊娠中は毎日体重を測ってみましょう。


これは自分で出来る、最も簡単な健康チェックです。

妊娠中は赤ちゃんの成長とともにお母さんの体重も増えるのですが、ある一定の範囲を超えるものは正常といえません。

1週間に500g以上もの体重増加がある場合は、医師に相談してみましょう。

妊娠中は安静にすべき?

高齢出産には“リスク”や“危険”というイメージがあることから、妊娠中はどうしても安静になりがちです。


しかし、あまり安静にし過ぎるのも良し悪し。


出産は人生の大仕事といわれるだけあって、相当の体力および持久力を要します。

また、妊娠中は動かなくてもお腹が空くもの。

食べ過ぎて、妊娠高血圧症候群になった・・・というケースも少なくありません。


そのようなリスクを軽減するためにも、妊娠中は適度な運動(体操や水泳、散歩など)を行いましょう。


ただし、どんな運動であっても無理は禁物です。また、医師から安静を命じられた・・・という場合はその指示に従ってください。

高齢妊娠を楽しもう!

高齢妊娠にはいくつもの困難があり、またそれを乗り越えていかなければなりません。


そのため普段は元気そうにしていても、やはり心の中は不安でいっぱい・・・という人も多いはず。


しかし、そんな不安はおなかの赤ちゃんにも伝わってしまいます。

赤ちゃんが安心して出てこられるよう、明るい気持ちで妊娠期間を乗り越えてください。現代の高齢出産は、かなり安全性の高いものとなっています。


自分のからだと赤ちゃんの生命力を信じ、いい高齢出産にしましょう。


ページの先頭へ戻る