高齢出産に備えて

高齢出産に備えて

出産するには、まず「妊娠」という工程を踏まなければなりません。


しかし、高齢になると妊娠そのものが難しいとされています。


また、妊娠できたとしても、無事に十月十日が過ごせるのか・・・不安な人も多いのでは?

そんな不安を解消するべく、このカテゴリでは「高齢妊娠」について紹介しています。


その前に・・・まずは準備として、妊娠前に出来ることを見ていきましょう。

高齢出産にむけて

そろそろ子供が欲しい・・・と思っても、なかなか出来ないもの。


まずは高齢妊娠・出産に備えて、カラダ作りをしてみませんか?

運動

妊娠・出産には母体の体力が欠かせません。


1日30分ほどの適度な運動を心がけ、年齢とともに衰える体力・筋力を維持します。


さらには血流が悪くなり卵巣の働きを鈍らせる肥満、また月経不順につながる痩せ過ぎにも気をつけましょう。

食事

偏った食事は生活習慣病のもととなり、また妊娠中のトラブル(妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病)をも引き起こしかねません。


血圧が高い人は塩分を控える、血糖値が高い人は甘いものを控えるなど、自分の体質にあった食事管理も大切です。

婦人科検診

日頃から基礎体温をつけ、月経や排卵などをチェックしてください。


また、年に1度は婦人科検診を受け、子宮や卵巣をチェックしてもらいましょう。

自分のカラダと向き合おう!

高齢になると、何らかの持病を抱える人が多くなります。


妊娠してからその持病がわかった・・・となれば喜びも一転、ショックですよね?


そのような事態を避けるためにも、まずは妊娠前に健康診断を受けてみてください。もし、病気が発覚しても妊娠前に何らかの治療を受けることが出来ます。


また、高齢妊娠・出産にむけて心の準備も出来るでしょう。自分のカラダと向き合うのは、妊娠するしないに関わらず大切なこと。


妊娠・出産の前に、今までがんばってきた自分のカラダを労わってあげてください。


ページの先頭へ戻る