高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

妊娠・出産には個人差があり、高齢出産の女性すべてがリスクを背負う訳ではありません。


強い気持ちを持って高齢出産に挑めば、たとえリスクがあったにしろ必ず乗り越えられるはず。


赤ちゃんも一緒に頑張っている・・・ということを忘れず、あらゆるリスクに立ち向かっていきましょう。

高齢出産は危険!?

35歳以上の妊娠・出産は、それ以前の年齢よりもトラブルが起きやすい・・・とされています。


しかし、年齢問わず妊娠・出産にはトラブルがつき物。


よって、一概に「高齢出産=危険」とは言えません。

実際に20代でリスクを伴う出産をする人もいれば、40代以降でも若い人と同じように初産を難なくクリアする人だっています。


かといって、油断は禁物!


高齢出産には高齢出産なりのリスク、また知っておくべき予備知識が数多くあります。それらを学び、理解することでより安全な高齢出産が臨めるでしょう。

高齢出産で若返る?

高齢出産に伴うリスクとしては、以下のようなものがあげられます。
ただし、それらの発生率が増加するといっても、異常の発生率そのものはそう高くありません。むやみやたらに心配するのではなく、それらのリスクとしっかり向き合うことが大切です。

流産

全妊娠の自然流産率(10〜15%)に対し、35歳以上では約20%ともされています。主な原因として卵子の老化、またそれに伴う胎児の先天異常があげられるでしょう。


流産は悲しいことですが、100%の予防策はありません。


自然の厳しい一面であり、また若い人も10人に1人は経験することです。

先天異常

35歳以上になると、先天異常の発症率が高くなるのは事実です。


しかし、若いから安心・・・というわけではありません。


とある調査では25〜29歳で1.88%、35〜39歳では2.02%、40歳以上では2.38%の確率となっています。


加齢が影響しやすいのは、先天異常の中でも染色体異常(ダウン症など)です。


これに関しては、35歳以上のリスクが少々高いと言わざるを得ません。出生前診断を受けるか否かで悩む妊婦さんは多いと思いますが、まずは担当医に相談してみましょう。

妊娠高血圧症候群

高齢出産には“妊娠高血圧症候群”というリスクも伴います。


妊娠高血圧症候群はむくみや蛋白尿、高血圧などいずれか1つの症状が出現したもので、中でも高血圧に注意が必要です。


高齢出産の場合、高血圧になる可能性は20代の1.8倍とされています。加齢による内臓機能の低下、さらに妊娠という生体の変化が起こるのですから妊娠高血圧症候群が多いのも頷けるでしょう。妊娠高血圧症候群を防ぐには、早期発見および食事・栄養指導を受けることが大切です。また、体重管理にも注意しなければなりません。

帝王切開

高齢出産では、どうしても帝王切開が多くなりがち。


しかし、それは「高齢だから・・・」という不安から医師も産む側も強気になれず、早めに医療介入を行うためかも知れません。


また、医師が率先して帝王切開を勧めている部分もあるようです。帝王切開はなるべく避けたい・・・というのであれば、自然分娩志向のクリニックを探してみましょう。

高齢出産と不妊

一般的に女性の妊娠力が低下し始めるのは、33歳以降とされています。


ちなみに、37〜38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下するとか。35歳を過ぎて「そろそろ欲しいな」と思っても、20代の頃に比べて妊娠し難くなっているのは事実です。


欲しいと思ってもなかなか授からない人もいる中、高齢で授かる・・・ということは奇跡に近いといえるでしょう。


将来子供が欲しい・・・と考えている人は、年齢に伴う妊娠力の低下も視野に入れてライフプランを立てるといいですよ。

高齢出産とダウン症

高齢出産=ダウン症と考える人もいますが、そうではありません。


あくまで“高齢になるとダウン症の確率が高まる”というだけです。


実際、20代の発生率が0.1%未満なのに対し35歳以降は0.3%、40歳以上になると1%にまで上がっています。


では、なぜ高齢出産だとダウン症の発生率が上がるのでしょう?


その原因として、やはり卵子の老朽化があげられます。


女性は生まれながらにして卵子を持ち、またそれは受精するまでの間ずっと作り置きされています。もちろん、その卵子は年齢とともに劣化します。


したがって、高齢になればなるほど(卵の)減数分裂の際に第21染色体が離れにくくなり、それが1本余分に存在する卵を作ってしまう・・・と考えられているのです。

このダウン症は先天的なものなので、予めの予防策はありません。


さまざまな検査にてダウン症か否かを判断することもできますが、これらは中絶につながる可能性もあり倫理問題となっています。


子供の障害についてじっくり考える・・・これは高齢出産における1つの「課題」といえるでしょう。


ページの先頭へ戻る