高齢出産の基礎知識

高齢出産の基礎知識

平均初婚年齢があがり、また結婚しても仕事を続ける女性が増えた・・・などの理由から、高齢出産のパーセンテージは年々高くなっています。


高齢出産といえばリスクばかりが強調されがちですが、それならではの喜びやメリットもたくさんあるはず。


あなたも「高齢出産」ならではの喜びを見つけてみませんか?

高齢出産が増えている?

私たちのおばあちゃん、またこれからおばあちゃん世代になろうとしている女性たちは20代前半で結婚する人が全体の3割を占めていました。


結婚したら子供を産んで、家庭に入るのが一般的・・・という時代だったのでしょう。


しかし、この20年で20代前半の出産は半数以下に激減し、30代での妊娠・出産が増えました。

女性の社会進出により、仕事をもつ女性が増えた・・・これこそが初婚および初産年齢を上げた原因といえます。

「出産適齢期」って何歳?

医学的にみると、出産適齢期は20代〜30代前半なのかも知れません。


しかし、本当の出産適齢期は違います。


若かろうが高齢だろうが「産みたい」と思った瞬間こそがあなたの適齢期であり、また産みどきでもあるのです。


その感覚を忘れずに、堂々と高齢出産に臨んでください。

大切なのは、あなた自身の「産みたい」という気持ちです。

子育てに関しても本人(母親)にその気さえあれば、いくつになっても育てることは出来ますよ♪

20代よりも30代での妊娠・出産

一昔前までは25〜29歳の出生数が圧倒的だったのに対し、現在は30代での妊娠・出産がトップに君臨しています。


45歳以上の妊娠・出産に関しては5割以上も増えているとか。高齢出産ブームは今後も続き、さらに増え続けることが予想されています。

リスクが大きい・・・などのマイナスイメージを強調されがちな高齢出産ですが、増加によって「私も産もう」「私でも産める」という気持ちになる人も多いのでは?

高齢出産に対する覚悟

高齢出産
出典:http://sclbaby.jp/ninshin/latechildbearing.html

高齢出産に対する覚悟は、個人の環境、特に日本ではこういうことになれば当然経済的なことが大きく関わります。その他、育てていく上での周りの協力、本人(親)たちの年齢などによって左右されるでしょう。


ページの先頭へ戻る