高齢出産と分娩

高齢出産と分娩

最近では、35歳以上の妊娠・出産も珍しいものではなくなりました。


しかし、高齢出産=難産というイメージが浸透しすぎて、不安を抱いている人も多いはず。ここでは高齢出産と分娩・・・いわゆるお産について紹介していきます。

高齢安産は難産?

無事に妊娠期間を乗り切れたとしても、高齢になればなるほど難産・・・というイメージがありませんか?


確かに、年齢が上がるに従って産道は硬くなり、骨盤も開きにくくなります。そのためお産に時間がかかったり、出血が多くなったりする場合も。

しかし、妊娠中にしっかり体重管理をして、なおかつお産に向けた体力づくり(運動など)をしていた人であれば高齢でも安産になることが多いのです。逆に、若くても難産になることはあります。


安産か難産か・・・これは年齢問わず、あくまで個人差。お産はまさに「案ずるより生むが易し」ですよ!

帝王切開や吸引分娩の可能性

高齢出産では、帝王切開(あるいは吸引分娩)になる可能性が高いとされています。


しかし、それは「高齢」という不安から医師ならびに産む人が強気になれず、早めに医療介入を行うためかも知れません。

帝王切開

高齢出産ではトラブルのリスクも高くなるため、それを避けるためにあらかじめ帝王切開を選択することも多くなります。また、陣痛が長引き緊急帝王切開になることも。


いずれにしろ、母子の安全を考えての選択になるので、妊娠中から心配しすぎる必要はありません。


ちなみに・・・帝王切開とは母子どちらかに問題が生じ、自然分娩は難しいと判断された際に選択される出産方法です。

お母さんのお腹と子宮を切開し、直接赤ちゃんを取り出します。

帝王切開は生んだ感覚がない・・・と思われがちですが、決してそんなことはありません。下半身麻酔であれば、赤ちゃんの産声もしっかり聞くことができますよ。


ちなみに、日本では6人に1人が帝王切開となっています。


また、若い人でも10人に1人は帝王切開だとか。つまり、高齢出産だから帝王切開・・・とは言い切れないのです。

吸引分娩

帝王切開と同様、高齢出産では吸引分娩も多く見られます。

これは子宮口が全開したにも関わらず胎児が降りてこない、また赤ちゃんに何らかの危険(回旋異常など)がおよび早急に出さなければならない場合などに金属やシリコン製カップを頭に吸着させて引き出す方法です。

しかし、これにはさまざまなデメリットも・・・。お母さんには会陰裂傷や頸管破裂、胎児には頭の傷や血腫が出来てしまう可能性もあります。


また、引っ張られることで赤ちゃんの頭が長くなることもありますが、脳への影響はないのでご安心を。

体力よりも持久力?

お産に必要なのは体力というより、むしろ「持久力」。これは、高齢出産に限ったものではありません。


何のトラブルもない妊婦さんであれば、毎日のウォーキングや週2回程度のマタニティスイミングが効果的です。

スイミングは浮力で子宮を浮かせ、子宮と背骨に挟まれていた静脈の圧迫を取り除いてくれます。

体重増加も防げるので妊娠中の適度な運動はまさに一石二鳥といえるでしょう。ただし、自分の判断だけで運動を始めてはいけません。運動を始める前には、必ず医師に相談してください。

バースプランとは

分娩や産後の希望、また自分の思いを紙にしたためて産院へ渡すものを「バースプラン」といいます。

産院と母親の人間関係を深めるだけでなく、あらゆる出産方法を打ち合わせるための大事な資料です。高齢ともなれば、これが最後の妊娠・出産・・・という人も多いはず。

だからこそ満足のいく、ステキなお産にしたいですよね!


そんな時に役立つのが、このバースプランです。ぜひ、活用してください。


ページの先頭へ戻る